2011年09月08日

「大英博物館 古代ギリシャ展 」に行ってきました

先週日曜日(2011/09/04)、国立西洋美術館で開催中の「大英博物館 古代ギリシャ展 」に行ってきました。


http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/current.html#mainClm

http://www.body2011.com/

駅の広告で、

《円盤投げ(ディスコボロス)》 後2世紀(原作:前450-前440年頃) 大理石/高さ169cm

がかなり宣伝されています。私もメインは円盤投げを見ようと思って入館。で、メインの円盤投げは、それだけで一コーナーつくっていて、観覧者は360度ぐるりと円盤投げの彫刻を見ることが出来るという、なかなかいい演出。

もちろん、他の彫刻や壺といったものもいいですね。 仮面を被った喜劇俳優なんかはユーモラスの中に隠されたリアリティを面白い形で表現しています。

ギリシア芸術の凄さはちんこ丸出しをギャグとしたり隠蔽したりせずに、正面から取り上げている点です。「正面から」とは「意識として」というだけではなく「物理的に」という意味でもあります。このギリシア展もこの問題を正面から取り上げています。目録を買って読んだところ、普通なら「肉体の完璧さの表現として裸を取り上げている」ぐらいの説明で済ますところを、「性器をあらわにした神々」と、単に裸なのではなく、明け透けに性器を見せていることについて、正面から話題にしています。

で、初期のギリシア美術は男はちんこ丸出しですが、女は薄いベールを羽織らせて衣服のヒダと見えそうで見えない肌とを対比させて女性の美しさを表現しています。うん、女性は見えそうで見えない方が芸術的ですね。もちろん実際には丸見えシチュエーションの方が嬉しいですが、芸術として考えるとちょっと隠している方が美しいですね。

さて、次は恐竜展だな。再来週ぐらいに行こうかな。

大英博物館 古代ギリシャ展
究極の身体、完全なる美
会期: 2011年7月5日(火)〜2011年9月25日(日)
開館時間: 午前9時30分〜午後5時30分
毎週金曜日:午前9時30分〜午後8時
※入館は閉館の30分前まで
休館日: 月曜日(*ただし、7月18日、8月15日、9月19日は開館)、7月19日(火)、9月20日(火)
posted by ちんねん at 07:43 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク ちんねん関連サイト
Facebookは役割上、非公開

ちんねんコマーシャル

ちんねん手動セレクト 内容から自動セレクト
ブログ中で手動製品紹介している場合、自動紹製品介しないことがあります
本棚

いい忘れたけど、「ちんねんコマーシャル」は略さないでね

ちんねん所在地

広く動き回りすぎて、フラグが表示し切れない場合があります。そんな時は、地図内左上の
「-(マイナス)(広域)」
マークを押してください


拡大地図を見る


【Foursquareへのリンク】

Powered by RSSリスティング


ちんねん公開予定表

通常のスケジュール表

タイムライン

フォロワーさん ちんねん






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。